キーワード解説

UiPathで使用できる。覚えておきたい変数と便利な使い方

UiPathを使っていて、変数ってなんだよ。思ったことないですか?

プログラミングの知識不要と言っていたのに、変数って何と疑問を持たれた人のために、変数とは何かを解説します。

また、知っておくと便利な使い方を紹介します。

 

変数とは?データを入れる箱

変数とは何でしょうか?

変数とは、簡単にいえばデータを入れておくための箱です。

例えば、クラスの平均身長を算出する処理を作る際に、身長を記憶しておかなければなりませんよね?そういうときに変数を使用します。

UiPath Studioでは、下のほうにある変数というパネルから確認できます。

名前、変数の型、スコープ、規定値を設定するインターフェースがあります。

これについて簡単に説明していきます。

 

名前

名前は分かりやすい名前を付けてください。実は日本語名の名前も許可されています。

元エンジニアのプロコアラは違和感があるため、英語で名前を付けています。

Ctrl+Kを押すことで、変数を使うと同時に変数を新規に作ることができます。

 

変数の型

UiPathで使用できるデータの型は、大きく分けて3つです。

・単一のデータ

・複数のデータ

・表形式のデータ

 

 

単一のデータ

単一のデータには、一般的なプログラミング言語と同様の型が存在します。

・String(文字列)

・Boolean(真偽)

・Integer(数値)

・Date(日付)

 

UiPath単独の型が存在します。

・GenericValue(String/Bookean/Integer/Dateなど)

 

GenericValue型は様々なデータを入れることができる

メソッド適用前に自動的に変換されるため便利だが、想定した通りに変換されない場合もあるため注意が必要。

 

 

複数のデータ

複数のデータは、単一のデータをまとめるデータ型です。

これも一般的なプログラミング言語と同じような型が存在します。

・Array(配列)

・Queue(キュー)

・List(リスト)

・Dictionary(ディクショナリ)

 

ArrayとListの違い

Arrayは要素の数を編集できないが、Listは編集可能という違いです

Listの場合はコレクションに追加アクティビティで要素を追加できます

 

表形式データ

Excelシートと同じように行と列の表形式のデータを入れることができます。

・DataTable(データテーブル)

 

DataTableはExcelシートから読み込んだ場合、Webサイトからデータを取得した場合など、使用する場面が多いです。

 

スコープ

スコープとは、変数の生存範囲。つまりは、どの範囲まで変数を使えるかを指定します。

ワークフローを指定すれば、どこでも使える変数が出来上がります。

スコープを考えずにどこでも使えるため便利に思えますが注意が必要です。

変数は一般的にはスコープを絞ることがよいとされています。

これは、変数を不用意に誰か別の処理に変更されないようにするためです。

Aが入っていることを期待しているのに、実はBというデータが入っていました。

ということを防ぐ目的でも、変数のスコープは狭くしたほうがいいのです。

 

規定値

規定値はデフォルトの値を定義しておくことができます。

String(文字列)型であれば、ダブルクォーテーションでくくって、””のように空にしておくなど初期化しておきます。

 

便利な変数の使い方

便利な変数の使い方として以下の3つを紹介しておきます。

・時間

・ファイルパス

・文字列操作

 

この3つは使うことが多いため、覚えておくと重宝します。

 

時間

時間を使いたい場合は多いです。

例えば、ファイル名を現在の日付や時刻を入れたい場合など。

Now

DateTime

 

ファイルパス

Environment

 

文字列操作

String

 

予約されている言葉

予約されている言葉がいくつかあります。

この名前は変数名として使用することはできませんので注意が必要です。

 

おわりに

今回は、変数について説明しました。

StudioXでは変数という概念自体が無くなりノンプログラマーの型でも使いやすくなっていますが、変数があることで日付や文字列などで便利な使い方ができるのも事実です。

プログラミングに興味が出てきた方は、VB.netやC#を勉強されてみてはどうでしょうか?

 

ABOUT ME
プロコアラ
プロコアラ
RPAコンサルタントのプロコアラです。長年のエンジニア経験を活かしてして外資系コンサルファームでRPAコンサルしてます。 「コアワカ」ではRPA以外にも興味のあることをブログに書いています。
RPAを効率的に習得するためにおすすめの教材

コンサルタントとしてRPAを多くの企業に導入してきたプロコアラが、RPAの学習を効率よく進めるためにおすすめの教材を紹介します。

業務担当のノンプログラマーからエンジニアまで、効率的に学ぶことができるサイトや書籍をピックアップしました。

おすすめサイト・書籍を今すぐチェック