RPAで業務自動化

RPA 無料のUiPathコミュニティエディションをMacで動かしてみる

 

student taro
見習いタロー

RPAってちらほら聞くようになったけど、何なんですか?

koala
プロコアラ

RPAは業務を自動化するロボット型ソフトだよ。RPAを簡単に体験してみよう。

この記事を書いた人
koala
プロコアラ@エンジニアブロガー
10年間エンジニアをしており、副業でWebサイトやWebサービスを作っています。
一時期資格取得にハマりTOEIC860点オーバー、応用情報処理は取得。休日はラズパイをいじるコアラ好きです。

 

少子高齢化に伴う生産労働人口の減少が、現在日本全体の課題となっており、ますます深刻化すると言われています。

生産人口不足の解決策として期待されているのが「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」です。

 

RPAを導入したいけど、Mac使いの方向けにMacにUiPathを導入する方法を解説します。

 

 

無料のUiPathでRPAを体験しよう

UIPathは現在、Windowsでのみ対応しておりMacは非対応です。

MacでUIPathを使うために、今回は無料で試す方法としてVirtualboxでWindowsを使います。

 

 

無料のWindows10 ISOイメージのダウンロード

Windows10は無料でISOイメージをダウンロードすることができます。

Windows10のISOイメージをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

 

Macで動かすためにVirtualboxをインストールする

home brew を使用してMacにVirtualboxをインストールします。

home brew は、公式のApp Storeで扱われていないアプリを管理することができるパッケージ管理ソフトです。

ターミナルを開いて、コマンド1発でインストールできます。

 

VirtualboxでWindowsを起動する

 

Windows10用のイメージを新規作成します。

 

 

設定のストレージからISOイメージを選択します。

光学ドライブの右側のCDボタンをクリックしてWindows10のisoイメージファイルを選択してください。

 

起動後、手順に従いインストールを進めます。

プロダクトキーはありませんをクリックして、インストールを進めます。

 

UiPathのコミュニティエディションをインストール

UiPathの公式サイトからコミュニティエディションのインストーラをダウンロードします。

インストーラを実行して、指示に従いインストールを進めます。

 

まとめ

MacにUiPathを導入することができました。

次回からUiPathを実際に触ってみたいと思います。

 

では!(^^)/

ABOUT ME
プロコアラ
プロコアラ
RPAコンサルタントのプロコアラです。長年のエンジニア経験を活かしてして外資系コンサルファームでRPAコンサルしてます。 転職ノウハウ、プログラミング、英語の勉強方法など分かりやすいように解説していきます。