プログラミング活用

外付けSSDにUbuntuをマルチブートでポータブルに使う方法

Windowsを使用している際、Linuxを使いたい場合ってありますよね。

例えば、クロスコンパイル環境を構築する場合など。

Cygwinを使ってWindows上で環境を構築しようとするとうまくいかない。

Virtualbox上に構築すると遅い。

 

そんな時は、外付けSSD(外付けHDDでも可)にLinuxをインストールしてみましょう。

快適に使用することができます。

マルチブートの方法とメリット

今回はUbuntuを外付けSSDにインストールします。

外付けSSDを接続した場合のみUbuntuが起動し、外している場合はWindowsが起動するようにします。

使用するOS 起動方法
Windows 通常起動
Ubuntu ブートメニューを変更してUSBから起動するようにして起動

PCはBIOSで指示されているハードディスクのMBR(マスターブートレコーダー)領域に保存されているブートローダープログラムを実行して、OSを起動します。

UbuntuのブートローダーであるgrubをハードディスクのMBRに上書きせずに、外付けSSDに書き込むのが味噌です。

Ubuntuで起動したい場合は、BIOSでブートオプションを変更する必要がありますが、通常のWindows起動に影響を与えません。

この方法であれば、外付けSSDがあればPCが変わっても動作できるメリットがあります。

ちなみに、BIOSのブートオプションの変更は、起動時にF9押下などメーカーによって異なります。

 

UbuntuのブートローダーであるgrubをハードディスクのMBRに上書きした場合は、外付けハードディスクとPCが紐づいてしまい他のPCでは起動できなくなります。

環境構築方法

外付けSSDにUbuntuとブートローダーを書き込む方法を説明します。

 

RufusでUbuntuのインストールUSB作成

Ubuntuのインストールには、Rufusを使用します。

Rufus (ルーファス) とは、起動可能なUSBフラッシュドライブ(USBメモリなど)を作成したり、フォーマットをするためのソフトウェアです。

 

Ubuntuのインストール方法はここでは、ここでは割愛します。Rufusを使用しました。

Rufusの公式ダウンロードページはこちら

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロードはこちら

 

Ubuntuのインストール時にUbuntuをどのようにインストールするか設定する画面が表示されます。

それ以外を選択します。

Ubuntuをインストールするパーティションを外付けSSDに作成します。

ext4ジャーナリングファイルシステムでマウントポイントは「/」を指定してください。

ブートローダーをインストールするデバイスはパーティションを作成したデバイスを指定します。

例えば、/dev/sdb1にUbuntuをインストールするパーティションを作成した場合は/dev/sdbを指定します。

/dev/sdc3の場合は、/dev/sdcにブートローダーをインストールします。

 

以上で完了です。

Ubuntuを起動したい場合はBIOSのブートオプションを変更することでUbuntuが起動します。

ABOUT ME
プロコアラ
プロコアラ
RPAコンサルタントのプロコアラです。長年のエンジニア経験を活かしてして外資系コンサルファームでRPAコンサルしてます。 転職ノウハウ、プログラミング、英語の勉強方法など分かりやすいように解説していきます。