占いナビ 2020年 (UranaiNavigation…うらナビ?) 振り返る…前年の占いナビ(四柱推命 2020年の運勢):暦と占いプログラム工房:時の仕組みに隠されしものの解明…月暦 干支暦 旧暦 暦占計算 その他占い資料 鬼が笑う来年の占い など 【世相の動向】2020年は天体イベントが目白押し!社会の価値観が動く暗示 東京オリンピックが開催される2020年は、占星術的にも大きな天体イベントが目白押しの一年。 そこで婚活占いに入る前に、全体の動向を占ってみましょう。 皆様こんにちは、美麗です。2020年は過去経験したことのないウイルスにより、奇しくも世界が一体感を持つという年でしたね。そんな中で迎える2021年上半期の予想をしてみました。 2020年大予言、最初のテーマは「2020年の世界について」です。では最初に秋山さんからお願いいたします。 秋山: 2020年、非常に僕は特殊な年になると思っているんですよ。今までの流れがすごく変わる気がしているんですね。 占星術研究家・鏡リュウジさんによる「2020年の年間占い」をお届けします。 2020年 全体の星回り. 2022年の運勢と世相を梅花心易で占うとは、2022年の社会的な運勢がどのような傾向にあるのかを梅花心易で占う易占いになります。皇極経世書を記した邵康節の概念と、元会運世年の東洋の時間的な概念を合せて易卦を立てる手法にて、世界的な運勢や人類の歴史的な運勢を占います。 【2020年の運勢】ゲッターズ飯田が五星三心占いで2020年を鑑定 2020年4月28日 「2020年の恋愛運、結婚運、仕事運は?」「あの人との結婚を決めてもいい?」「転… 2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。 世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。 【無料占い】水晶玉子が占う、2020年の運勢 あなたはどんな運気の中にある? # 2020年の運勢 # 今年の運勢 # 本格占い館 水晶玉子が占う2020年の運勢。この1年、あなたの運気はどう動いていく? 幸せのチャンスをしっかりつかんで、ステキな1年にしましょう 2021年(今年)の運勢を、12星座から占います。「総合運」「ターニングポイント」「恋愛運」「恋愛相性のいい星座」「仕事運」「金運」の6種類をご用意しました。1年の間には様々なことがあります。嬉しいこと、楽しいこともあれば、辛いこと、苦しいこともあるでしょう。 星からのメッセージをあなたに。2020年を自分らしく素敵に過ごすためのエッセンスをお届けします。月ごとのバイオリズムやモテキ、運気向上アイテムなど、日常の中に上手に取り入れて幸せな一年を送 … NET ViViでおなじみ【サーヤのけしかけ!しらたま占い】の占い師サーヤが、「2020年ってこんな年になりそう」をズバリ予想! サーヤさんによると、今年は結構波風が立ちそうな時期になりそうとのこと。世の中がめまぐるしく 2021年の世相. ?」「SE付き」コメント。『戦翼のシグルドリーヴァ』第12話コメント盛り上がったシーンTOP3, 「池袋北口は歌舞伎町に次ぐ事故物件密集地帯」3回事件が起きたビルや発砲騒動が起きた喫茶店など、池袋にまつわる事故物件を大島てるが語った, 東京五輪周辺が危ない⁉ 「大きなイベントがぶつかると、いろいろな災害が起きやすくなる」. 2020年は、5月13日〜6月25日に金星が、9月10日〜11月14日まで火星が「逆行」して、ひとつの星座に長く滞在し、2020年の個性を作り出すことになります。 金星は、「逆行」期間を含め、4月4日〜8 … ananで2019年年末に掲載された人気占い師による2020年の占い。びっくりするほど思い当たる節々が…! 今の現状を打破するちょっとしたヒントもあるので、あなたなりの打開策を見つけてください! 2020年は、激動の年になりそうです。 2019年12月、735年ぶりに木星、土星、冥王星が山羊座に集合。 2020年12月、水瓶座1度(数え度数、以下同)で木星と土星が重なります。 山羊座の時代から水瓶座の時代へ移り変わる1年間、 誰もが経験したことのない、時代の移り変わりを経験することになるでしょう。 「家族」「共同体」「国家」から、「個人」「わたし」の時代へ。 「地位」「お金」が重視された時代から、「精神性 … 今年もこの占い徒然草をよろしくお願いします。 今回は今年、2020年の世相について書いて行きたいと思います。 今年の世相ですが、やはり東京オリンピックは今年一年の雰囲気を 支配しそうです。 良くも悪くもオリンピック中心に回るでしょう。 2020年の日本(にせんにじゅうねんのにほん)では、2020年(令和2年)の日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。 目次 1 他の紀年法 世界の勢力図が塗り替えられるほどの大きな星の動きが起こるという2020年。来るべき未来に向けての重要な1年となりそうな新しい年に注意すべきこと、期待できること、その対策などを、世界の占星術師3人が気をつけるべき日付とともに、アドバイスしてくれた。, Photo: George Wolfe Plank/Conde Nast via Getty Images, 注目すべきは、2020年に入るとすぐに、今後10年でも最大クラスの星の動きが起きるということ。山羊座での、冥王星と土星のグレートコンジャンクションだ。山羊座でこの2つの惑星が重なり合うのは、実に500年ぶり。そもそも冥王星と土星のコンジャンクション自体がまれ(1982年以来)なうえに、この時期には、これまでも歴史上の重大な出来事が起きている。第1次世界大戦の開戦、第2次世界大戦、60年代の中国での文化大革命、80年代の大不況──これらはすべて、この配置の時に起きたものだ。, そう聞くと、「次にこの配置になったら、世界が破滅してしまうのでは」と不安になる人もいるかもしれないが、心配は無用。少なくとも、2020年代に関して言えば、この惑星の配置はネガティブな意味にはならないと占星術師たちはみている。, 「今回の冥王星と土星のグレートコンジャンクションが促すのは、さまざまな意味での権力のパラダイムシフトです。既存の勢力図が塗り替えられる時代になるでしょう」, こう語ってくれたのは、ジェシカ・ラニャドゥ。著書『Astrology For Real Relationships(現実の恋愛に生かす占星術)』で知られ、占星術をテーマとしたポッドキャスト「Ghost of a Podcast」のホストも務める占星術師だ。彼女は続ける。, 「社会的なレベルでは、既存の政府や組織がもろくも崩れ去っていく時代となるでしょう。一方で、グローバル・コミュニティが気候危機に向き合い、対策に乗り出します。また、多くの人が団結して立ち上がり、抗議の声をあげるでしょう」, 『You Were Born for This: Astrology for Radical Self-Acceptance(あなたの天命:自分を心から受け入れるための占星術)』の著者、チェイニ・ニコラスも、2020年は「極めて重要な年になります」と断言する。ニコラスは、リゾやグェンドリン・クリスティーなどのセレブもファンに名を連ねる人気の占星術師だ。, 「何かをしてもらうことを期待するのをやめて、自分が住みたい世界をつくっていくために努力する。この星回りが、そんな変化のきっかけになればと期待しています」, 2020年の惑星の配置からわかるのは、これだけではない。天王星が牡牛座に入ることで、女性がさらに力を持つことが予想されるという。『The Stars Within You: A Modern Guide to Astrology(あなたの内にある星たち:現代版占星術ガイド)』の著者、ジュリアナ・マッカーシーはこう語る。, 「複数の占星術師が、来たるべき2020年が男性中心の時代から女性中心の時代へのターニングポイントになると読んでいます」, 新年を迎えるにあたり、彼ら占星術師の話にもとづき、特に留意したい日付を以下にまとめた。, 2020年は山羊座での土星、冥王星、木星の直列で幕を開ける。これは、これからの12カ月を通じて起きる衝撃的な変化の予兆となるものだ。この直列は、個人と社会の両レベルで私たちに大きな影響を与えると、占星術の専門家たちは口をそろえる。ラニャドゥはこう予測する。, 「私たちは、より深いレベルの恐怖を感じるようになります。社会、環境、政治の変化に直面して、自分のこれまでの立ち位置に疑問を覚える人が増えるでしょう。そのほか、人間関係を見直す、あるいは自分の身体との付き合い方や、健康法を変える行動にもつながるかもしれません」, 水星の逆行:2月15日~3月9日、6月18日~7月12日、10月13日~11月3日, 不吉なことが起きる前触れとして恐れられている水星の逆行(惑星が見かけ上、通常とは逆方向に動く現象)が、2020年は3回起きる。水星の逆行は占星術の世界ではよく知られた現象の一つで、コミュニケーションやテクノロジーに関する問題を引き起こすと考えられている。そう聞けば、占星術を信じていない人でも、さすがに逆行の時期が気になってくるだろう。ラニャドゥは続ける。, 「水星が逆行している間は、計画が進まなくても我慢すること。メールをダブルチェックし、新しいテクノロジーの導入を控えようという気持ちになるはずです」, 「自分の信念やほかの人とのコミュニケーション方法を見直し検証するには、ぴったりの期間です」, 水星と違い、金星の逆行には耳なじみがないという人もいるかもしれない。それは、この現象が1年半に1度しか起きないからだ。金星の逆行は、個人的な人間関係に影響を及ぼす可能性が高いと言われている。ニコラスは語る。, 「金星の逆行は常に、人との関わり方について何らかの教訓を与えてくれます。この期間には、自分について深く考えるよう促されます。とくに、私たちが受け入れない、認めたがらない、あるいは目を背けている部分に関して、この傾向が顕著になります」, また、ジェンダーの平等という観点からは、金星の逆行は吉兆と考えることができる。これについて、マッカーシーはこう説明する。, 「金星は今回の逆行中に、双子座に入ります。これは、女性たちが自らの思いを表現する行動と関連付けることができます。また、双子座は政治を支配する星座でもあるため、この動きは、女性がより力を持つことを意味するのです」, 2020年の秋には、2年2カ月に1回というさらに長いスパンで起きる火星の逆行も待ち受けている。今回火星は、牡羊座の領域を逆に進む。ラニャドゥはこうアドバイスする。, 「占星術では、火星は“けりをつける』星であり、戦いとも関連のある惑星です。今回の逆行では、これまで遅々として進まなかった領域に、大きな進展が期待できます。ただしマイナス面として、自分を守りたいという気持ちが強くなる、あるいは、まだ準備ができていないことに焦って手を出しがちになる点が気がかりです」, 今回の皆既日食は、射手座で起きる。射手座は、教育や哲学、宗教と関連の深い星座だ。2020年最後の月に訪れるこの日食は、占星術コミュニティのあいだでも重大な意味を持つ現象とみられている。マッカーシーによれば、「皆既日食は新たな始まり」であり、今回の日食は「コミュニケーション、政治、メディアに関して、真実を明らかにする動きと深く関連した」重要なポイントになるという。, 2020年の最後に待っているのは、土星と木星とのコンジャンクションだ。占星術師たちは、これを大きな変化が起きた1年を終え、まっさらな状態でスタートを切るきっかけと捉えている。マッカーシーもこの考えを支持する一人だ。, 「私たちは、2020年を通して努力を続け、生まれ変わっていきます。年末に土星と木星が重なり合うのは、まさに水瓶座の0度の位置。これは未来のはじまりを意味する場所なのです」, 「木星と土星のコンジャンクションを節目として、私たちは占星術における一つの大きなサイクルを終え、新しいサイクルに入ります。2020年をどう締めくくるかによって、この新しいサイクルに臨む姿勢も変わってきます」, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. 2020年下半期あなたの運勢は? あなたのいちばんの応援団、 しいたけ.さんの癒しの言葉とともに 今年後半も駆けぬけよう! UFO、超能力、未確認動物、超古代文明など、あらゆる世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリー・マガジン『ムー』。1979年10月に創刊され、2019年10月に40周年を迎えました。, ニコニコ生放送では、これを記念した特番「ムー創刊40周年記念特番 ~ サイキック&占い師&ムー民集結!三上編集長と40周年の記念日を迎えるカウントダウン&重大発表SP生放送」が放送されました。, 劇団ディアステージ所属の女優 雛形羽衣氏、『ムー』編集長の三上丈晴氏、超能力者の秋山眞人氏、占い師の大石眞行氏、魔女のヘイズ中村氏がスタジオに登場し、超能力者や占い師たちが2020年の「世界」「日本」「ムー」の3つについて占いました。 また西洋版“こっくりさん”ことウィジャボードをスタジオで体験。2020年『ムー』発展のキーワードをウィジャボードで占いました。, 雛形:  2020年大予言、最初のテーマは「2020年の世界について」です。では最初に秋山さんからお願いいたします。, 秋山:  2020年、非常に僕は特殊な年になると思っているんですよ。今までの流れがすごく変わる気がしているんですね。ひとつのテーマは、何かこれまで小さいものとかニッチなものとして扱われたものが、情報拡散の力を持って大きくなっていく。, 大きなものが逆に壊れて、小さなものが大きくなる。何かそういうことがはっきり起きてくる年じゃないかなというふうに思っているんです。これは世界的な流れで様々な新しいメディアが動いて、さらにそれが再統合されて大きな資本になると。そういう流れで、小さな声が大きく広がっていく。だから日本みたいな小さな国も非常に大きなオピニオンの力を持ってくるんじゃないかと思います。, しかしそういう時代だからこそ、人間が持っている裏面性というか、裏側の邪悪なものが表に出て行ったり、激しさが表に現れたり。テロとか抑圧されてきたオカルトの力が爆発するような、いろいろな災害とかもあり得るような気がします。, 来年はいろいろな意味で驚かされる年になるように思います。僕は肩を持つわけじゃないけれども、『ムー』にとって、こういうある意味ニッチなメディアは非常に発展するといいますか。, 躍進する年になるんじゃないかなというふうに思っているんです。特にそろそろ精神世界がブームになる周期にぶつかっているんです。だいたい22年から24年ぐらいの周期で精神世界というのは注目される。だからスプーン曲げのときに僕たちも注目されたんですけれど、当時は僕13歳で、いいお世話になりましたけれどね。, ちょうど2周期目ぐらいなので、今回は全く新しいタイプのオカルトが流行るのではないかなというふうにも思っておるところであります。あとやはりちょっと悪い面から言うと、火の災害。要するに噴火とかミサイルとか、まったく新しいタイプの火事だとか、そういったものが着目されるかなというふうにも思っております。, ですから個人のレベルでの火の用心からはじめていただいて、防災に対する意識も少し持つべき年なのではないかなということも感じておるところでございます。, 三上:  いいねぇ。精神世界の周期? きたきた! という感じ? しかも2020年はオリンピックでしょう? オリンピックに精神世界がきた。オリンピックではなくてオリ“ムー”ピックですね。くるな(笑)。, 大石:  今、この場でぶっつけでやらせていただきます。とりあえず2020年の世界いうことで……。, 水雷屯という屯田兵の「屯」という漢字なんですけれども、植物が下から山みたいな感じで発芽していこうと思ったならば、その出たばっかりの若い芽がブツッとここから切られているよという形で、出鼻をくじかれるという形の気なんですね。, そうすると考え方として、新しいものがいっぱい出てくると。出てくるんだけれども、これから発展性のあるやつがまず一度大きな試練にあうという年になるわけなんです。ですから確かに今までになかったような新しいものがたくさん出てくると思いますけれども、順調に温かく見守って育っていくということではなくて、はじめの試練というものがものすごくたくさんありそうだなとまず考えられるんですね。, 世界情勢ですから、たとえば小さな国がどこかの支配から独立をいたしました、でもまだまだその力不足でもあるしというようなことで、非常に大きな試練にあうと。それは政治とか国とか経済もありますけれども、文化にしても今までにない新しい文化みたいなものが出てくると。, 最初は非常に叩かれるであろうというような運勢というふうに考えることができるわけなんですね。ただそれがかなり短い間に収束していくということになって、それで潰されてしまうのではなくて、抑圧を受けたあとに一気にそれを折り返すという形で大きなひとつの力となってこれからの潮流を作っていくという形になっていくと。, だから潰されっぱなしではないよと。最初に厳しい弾圧を受けるけれど、跳ね返してもっとでかいものができてくるぞという形になっていくと。そういう運勢なんですよね。だいたい収まるところにものが収まるという形の運気になっていますので、ことさらに奇をてらったようなものというよりは、最初に出たときはそうかもしれないけど、意外にこなれてきたら、これって前にもよく見た光景だよねという感じになりやすいと。, 世界ですから非常に大きいので、どこでということも本来言わなければいけないような問題だと思いますけれども、主に今回は南半球側のほうにポイントが移ってくるのではないかなというふうに感じます。だいたい今、世界的には北半球なんですけれども、わりとオーストラリアであるとか南アメリカであるとか、南半球サイドにちょっと視点が移っていくのではないかなというふうに考えられますね。, 三上:  これ、ひょっとしたら5Gのことじゃない? これからの通信。Huaweiとか叩かれているけれど、通信の次の段階でしょう? 5Gでしょう? 今、叩かれてるじゃん。叩かれているけれど、でも絶対5Gの時代が来るんだから。3秒で映画一本をダウンロードという時代だよ。中国のアメリカの対立、その漁夫の利じゃないけれども。オーストラリアか……。, 三上:  “魔女”ですからね。ウイッチですよ。怖いよ。なかなか世の中に魔女はいないよ。, ヘイズ中村: それを言われると、とてもやりにくいです(笑)。来年の世界ということで、タロットで占います。, ヘイズ中村: トート・タロット【※】でございます。オリジナル版の大きさですね。かなり大きいです。, ※トート・タロットイギリスで誕生したタロット。主な特徴として、やや大判のサイズと複雑にして象徴的な絵柄が挙げられる。, 世界は特に滅亡しないと思いますけれども、実際にはいろいろな国がより貧困化とか食料問題とかで困窮していくのが見えておりまして、そこから暴力沙汰というよりは内乱ですね。そうしたものが今よりさらに多くなっていくと思います。, 当たり前のことですが、富の一極集中が付随して起こってきまして、持てる者はさらにも富んで、そして貧しい者はさらに貧しく、今までに出ていた状態よりさらに加速していくようです。この中で明るいニュースはどちらかというと、民族的なもの。たとえば今まで弾圧されてきた民族的な宗教であるとか、祭祀であるとか、あるいは慣習であるとか。, そうしたものが重要視されるようになって、あるいは弾圧が少しとけるようになって、そうしたところで貧しいながらも少しずつ息が上がっていく。あるいはその団結力が増していくというところで、来年はだめだけれども未来に向けてまた何かそれで頑張っていこうという気概が出てくるような気がします。, もちろん民族的な影響が上がるということは、逆に民族的な衝突も増えてきますので、いろいろな小競り合い、あるいは大国による弾圧というのも繰り返されるとは思いますが、シーソーのように弾圧されてはまた盛り上がる、弾圧されてはまた盛り上がる。来年からはだんだん盛り上がっていくほうに向きそうだなという気がいたします。, そしていま世界を揺るがしている環境問題。これは個人レベルでの声かけとか盛り上がりは非常に大きいのですが、企業レベルでは逆に悪化していくような感じですね。ここまで環境が壊れちゃったんだからしょうがないんじゃないかというような形で、儲け逃げ、あるいはこのままやり逃げといったような感じが増えまして、二酸化炭素問題とかそういったものが悪化することがあってもうまくいかないなと、そんな感じがいたします。, あと通信産業は非常に良い感じが出ておりまして、これが自然に与える影響とかはまたさっき言った、もうこれ以上どうしようもないから頑張って文化を発展させてしまおうということに繋がるんでしょうけれども、ネット関係あるいは今のネット通信とは全然違う理論のものがより発明されてくる、あるいはそれが普及してくるという感じのカードが出ております。, そのように通信環境が非常に変わっていくこと、あるいは飛躍的に伸びていくことで家族という形がさらに変わっていくようなカードも出ております。今まではとりあえず一ヶ所、あるいは近いところに住んでいるのが家族という概念だったと思いますが、特に先進国では地球の裏側に住んでいても家族。あるいはそれこそ月に住んでいても家族。そんなような感じの考え方というのがだんだん徹底してくるんじゃないかなという感じがしますね。, その中で気を付けなければいけないのは、文明が強烈に発展していくと、どうしても機械的なものとウエットなオーガニックなものが一旦分裂することがある。だから秋山先生がおっしゃったようにオカルティックな面というのは非常に強調されるのですが、私の見たところでは良い意味で強調されるのではなくて、半文明とかあるいは、いまさんざん嫌な話題で出ている反ワクチンとか、そういった形でオカルティックなものが表面的には出てきそうです。, 真面目にオカルトをやってる人たちは、それに対抗して自分のやっていることを盛り上げようとするのですが、来年のうちには芽が出ないですね。ただこの流れは非常に大きな潮流にも見えますので、来年度、再来年度、あるいはまたそのむこう側ということになっていくと、オカルティックなところと文明の繁栄っていうのは縄のように上手に絡み合って良い方向にいくのではないかなという希望的なところもちょっとは出ております。, 具体的な国はどうなのかということなのですが、大国、いわゆるアメリカとか中国とかロシアというところはヨタヨタしていますけれども今と同じレベルでの繁栄と諸外国への力の振るい方というのを続けるでしょう。, 特にいわゆる中東諸国はオイルの原価が低くなってくるせいか、あるいは一時期のアラブの春【※】のような運動が盛り返すか、恐らくはその両方が車輪の両輪のように動くんだと思いますが、中東諸国の勢いというのはかなり落ちてくるなという感じがしますね。, アジアはいろいろ。うまくいっていたり、あるいはいろいろな問題が起こったり。それは国ごとにうまくいくとかそうではなくて、とにかくどの国もうまくいったりだめになったりというのをなんとなく繰り返す1年という感じがいたします。来年の世界の傾向はそんな感じです。, ※アラブの春2010年から中東・北アフリカ地域の各国で本格化した一連の民主化運動のこと。, 三上:  香港とかその辺が気になりますね。新しいテクノロジーって、書き込んでくださっている方のコメントで「量子コンピュータ」って、これかな?, ヘイズ中村: 量子コンピュータはどうだろう……。通信だからコンピュータだけじゃないかもしれない。, ムー創刊40周年記念特番 ~ サイキック&占い師&ムー民集結!三上編集長と40周年の記念日を迎えるカウントダウン&重大発表SP生放送, 最後の最後に登場した七草姉妹に「しり」コメントが。『魔法科高校の劣等生 来訪者編』第13話コメント盛り上がったシーンTOP3, 『化物語』『SAO』『魔法科』脚本担当が語る“原作付きアニメ”における脚本家の役割。書籍の編集者からアニメ脚本家へ──だからこそ大事にする「原作を改変しない」こと, “オタクの結婚相談所”に二次元オタクが直撃取材してみた──会話の練習やデートプランの提案、デートで着る服までいっしょに選んでくれる“オタクの婚活サービス”がすごかった, 最終話で効果音付きとなったオープニング映像に「! 新しい年が幕をあけます。2020年。オリンピックイヤーですね。 日本ではスポーツの年、となるので … 2020年の運勢を四柱推命でズバリ無料鑑定!あなたの生年月日から2020年の仕事運、恋愛運、健康運、金運をプロの占い師が鑑定!また2020年の運気アップの方法もご紹介します!怖いくらい当たる占いを今すぐ試して見てくださいね! 2019年ももうすぐ終わり。平成と令和をまたいだ1年は、みなさんにとってどんな1年でしたか?来年2020年はオリンピックイヤー。最高の1年を迎えるべく、雑誌「anan」の占い特集でもおなじみのG・ダビデ研究所、オフェリア・麗先生に「2020年前半の運勢」についてうかがいました。 無料で占える今年の運勢!生年月日から、巡り巡る12の運命サイクルを導き出す0学占いで、あなたの今とこれからを占うことができます。運命サイクルを知って、2020年(令和2年)をどのように過ごすか、人生設計をイメージしてみて。 占星術の世界では、2020年は約200年に一度訪れる星の動きがあり、物質主義の限界を突破し、新たな価値観が築かれる、とみる。 台湾の饒河街夜市での鳥卦(神鳥占い)が“当たる!”と評判の悟明老師。日本の読者のために、毎月の世相を紫微斗数で読み解く連載「悟明老師の世界の動き」も好評です。そこで、新年を前に2021年の世界の動きを占ってもらうことに。「天下第一盤」が示す未来はいかに? 2020年は山羊座での土星、冥王星、木星の直列で幕を開ける。 これは、これからの12カ月を通じて起きる衝撃的な変化の予兆となるものだ。 【2020年下半期の運勢】四柱推命で占う好きな人との恋愛相性|二人の恋は進展する? 2020.7.20 人生占い|2020年、あなたにピンチが訪れるとしたら…? 2020年下半期の運勢[2020年8月1日〜2021年2月3日] ゲッターズ飯田も嫉妬した、水晶玉子先生による占い「フルーツ・フォーチュン」。 10種類のフルーツタイプ別に2020年下半期の全体運・恋愛運を占い … 流光七奈の12星座占い 2020年の全体運 “視える占い師”として活躍中の占い師・流光七奈先生に、2020年の12星座別全体運を占ってもらいました。 オリンピックイヤーでもある2020年、仕事や恋愛、お金のコト、未来にどんな運命が待っているのでしょうか? 2020年大予言、最初のテーマは「2020年の世界について」です。では最初に秋山さんからお願いいたします。 秋山: 2020年、非常に僕は特殊な年になると思っているんですよ。今までの流れがすごく変わる気がしているんですね。 2020年の世相とコロナウイルスについて占います。 算命学に興味がある方、質問のある方は、HPを ご覧ください。 いい事は信じて「更に良く」、悪い事は事前に「防ぐ」、【占い】を有効活用しよう!