女性の選択ジレンマ 個人的に興味深かったトピックをまとめました。 1. 0000250079 00000 n ョン, 世界人口推計2019年版:要旨 10の主要な調査結果(日本語訳), 世界人口推計2019年版 データブックレット, インタビュー「この人に聞く」, 広報資料 デジタル・アーカイブ, 世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書(プレスリリース日本語訳)*世界人口推計2019年版データブックレット(日本語訳)をアップしました!, John Wilmoth, Director, Population Division, UN Department of Economic and Social Affairs (DESA)(英語)(wilmoth@un.org), Jorge Bravo, Chief, Population Policies and Development Branch, Population Division, UN DESA(英語/スペイン語)(bravo1@un.org), Frank Swiaczny, Chief, Population Trends and Analysis Branch, Population Division, UN DESA(英語/ドイツ語)(frank.swiaczny@un.org), Patrick Gerland, Chief, Population Estimates and Projection Section, Population Division, UN DESA(フランス語)(gerland@un.org), Bela Hovy, Chief, Publication, Outreach and Support Unit, Population Division, UN DESA(英語/フランス語)(hovy@un.org), Guangyu Zhang, Population Affairs Officer, Population Division, UN DESA(中国語)(guangyu.zhang@un.org). 世界の長期経済見通し ~世界経済は20年代まで3%弱の成長維持。有望なインド・asean市場~ 経済調査部 主席エコノミスト 永濱 利廣(ながはま としひろ) エコノミスト 星野 卓也(ほしの たくや) 世界では「東、 アジアの奇跡」と呼ばれた1965~90年 0000246632 00000 n 0000032869 00000 n 0000247145 00000 n ①世界人口 世界人口は、2030年にかけて2015年の73.5億人から85.0億人へと、11.5億人程度増加すると見 込まれている(図1)。増加分の内訳をみると、アジアが5.3億人、アフリカが4.9億人となっている (両者の合計で増加分の約89%)。 0000011632 00000 n 0000264160 00000 n 0000008441 00000 n 0000004437 00000 n 0000054292 00000 n 0000279454 00000 n 0000032646 00000 n 0000053313 00000 n 0000004116 00000 n 0000053587 00000 n trailer 0000005121 00000 n 0000010825 00000 n 0000003838 00000 n 0000017420 00000 n アメリカ合衆国の人口推移(過去~現在~未来)をグラフ、一覧表を用い、前年増減比や増減率も付与して分かりやすくお伝えしています。アメリカ合衆国の人口が一番多かった年や、アメリカ合衆国人口の将来の予測データのcsv出力・ダウンロードも可能です。 本書を通じて最も重要なのが、「世界の人口勢力図」に関する予測で、次のような予測が立てられています。 ・2050年には世界人口は90億人を超える ・2100年にはナイジェリアの人口が世界3位、タンザニアの人口が世界5位になる ・中国の人口は2025年に14億人でピークを迎え、減少に転じる ・インドの人口は2050年時点で世界一に達するが、17億人でピークを迎え減少に転じる ・2000年時点で世界の3分の2の人口を持ったアジアの減少は世界の半分に割合が低下 ・2000年時点でアフリカと欧州の人口はほ … アメリカの出生率は過去30年以上、日本を上回っている。だが景気後退の影響により、アメリカの出生率は徐々に低下している。一方、日本の出生率は危険と言えるほど低かったが、やや回復し始めている。政府の子育て支援策が功を奏しているようだ。 0000015902 00000 n 0000012364 00000 n 0000264639 00000 n 0000003558 00000 n エイジレスな社会 4. 125 67 0000263946 00000 n 長く働く 5. 125 0 obj <> endobj %%EOF 国連のデータによると、アメリカの人口は、1990年が2億5253万人、2000年が2億8198万人、2010年が3億864万人、2015年が3億1992万人と増加し続けている。合計特殊出生率を見てみると、2016年で「1.82」となっている。 2人から生まれる子の数が「1.82」ということは、出生による自然増だけでは人口は減っていくことになる。なぜ人口が増えているかというと、他国からの移民を積極的に受け入れてきたからだ。 一 … 0000013376 00000 n 2015年の平均寿命は、低所得の国で46歳、高所得の国で79歳で、全体的に見ると約70歳 2. アメリカの人口推移は増加傾向にあり、2050年代には4億人を超えるとの予測です。日本と同様、出生率は「2」を下回っていますが、中南米~ヒスパニック系を中心に多くの移民を受け入れる事が、人口が増加すると見込まれる理由です。 0000004727 00000 n ドローンやロボット、ai技術を活用した「スマート農業」は珍しい存在ではなくなりました。目まぐるしい変化は止まることを知りません。もうすぐ2020年がやってきますが、それから10年後、2030年の日本は、そして農業分野はどうなっているのか、その予測について紹介していきます。 アメリカ アメリカセンサス局 2001~2050 10年3) カナダ カナダ統計局 2006~2031 5年 国連(un) 国連人口部 2007~2050 2年 欧州連合(eu) 欧州連合統計局(eurostat) 2005~2051 - 1)推計期間は,全国の総人口の推計に対するもの(推計期間は基準年を除く). 0000003696 00000 n 0000006775 00000 n 0000004968 00000 n 0000264399 00000 n 2高齢者をめぐる人口・労働市場の動向 (1)人口の動向 a将来の人口に係る推計 アメリカの人口は、今後もゆるやかに増加していくこ とが見込まれている。 高齢化率は、2050年には20.6%に達すると予測さ れているが、高齢化率の上昇速度は、イギリス、ドイツ、 ミドルクラス(法律、会計部門の事務や管理)の仕事はAIに取って代わる可能性が … 一方で、高齢者人口は今後、いわゆる「団塊の世代」(昭和22(1947)~24(1949)年に生まれた人)が65歳以上となる平成27(2015)年には3,395万人となり、「団塊の世代」が75歳以上となる37(2025)年には3,657万人に達すると見込まれている。 ることができ、そのときの労働市場の状況をより具体的に予測することを可能とした。 「労働市場の未来推計2030」を引用いただく際には出所を明示してください。 出所の記載例:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」 xref 0000032412 00000 n 手の届く医療 7. 0000247385 00000 n 0000281984 00000 n 本書は,世界各国の人口,経済,社会,文化などの実情や世界における 我が国の位置付けを知るための参考となる様々な統計を簡潔に編集した ものです。 国際連合などの国際機関では,各国に対して定期的に統計データの報告 0000004400 00000 n 0000017961 00000 n 0000002566 00000 n イ 2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上. アメリカの人口は、2019年の推計で3億2,906万人でした。2019年に国連が公表した世界人口予測では、2050年におけるアメリカの人口を3億7,942万人と推計しており、2019年度から増加の見込みとなっています。ちなみに2100年では、4億3,385万人となる予測。 0000004260 00000 n 未来の人(人口)はどうなるのか、という話です。キーワードは以下の通り。 1. 0000001636 00000 n 0000008364 00000 n 0000069718 00000 n 0000280026 00000 n 0000003366 00000 n 0000002905 00000 n 0000017766 00000 n 0000000016 00000 n 0000005046 00000 n 0000014231 00000 n 増加する若者の失業率 6. 0000279695 00000 n アメリカは先進国の中でも人口が増加していることで有名です。このため、今でもアメリカは中国やインドに次いで、世界で3番目に人口の多い国としての地位を維持しています。 しかし、近年、アメリカの人口増加率は徐々に低下してきています。図表1に見られるように2018年(2018年7月時点)の人口増加率は0.6%にとどまり、1937年以来の低さとなりました。 このような人口増加率の低下の背景には、三つの要因があったと考えられます。 スペインや中南米の国々で使用されている言葉はスペイン語である。しかし、今注目すべきは北米、特に米国で話されるスペイン語人口の多さで、同時にその数が増加し続けている。アメリカのスペイン語人口はスペイン語系住民(ヒスパニックhispanicまたはラティーノlatino と呼ばれる)で構成され、今や5,500万人にのぼるといわれている。 米国センサス局による2015年の推計では、5歳以上でスペイン語を家庭で話す人口は4,005万人、「英語を大変上手に話さない」人口は1,643万人である。また、5歳 … 0000053827 00000 n 経済学で唯一正しく予測ができる人口統計。この数字を見ていくと若年労働人口が増加する先進国が見つかるのだが、それがアメリカだ。当欄最後の登場となるぐっちーさんが今後の経済のカギを握る(得)情報を公開す… 0000004495 00000 n 縮小するミドルクラス 3. 0000069514 00000 n 0000017524 00000 n 不均衡な人口増加 2. 地域移住 8. 0000016451 00000 n 0000032183 00000 n 労働年齢人口の65歳以上人口に対する割合を示す潜在扶養指数は、全世界で低下を続けています。 0000280583 00000 n 0000003976 00000 n 0000006636 00000 n 第一に,人口変動と産業・職業構造の未来予測に関する研究レポートを紹介してお きたい。第二に,この31年間の変化に焦点をあて,年齢別・学歴別の労働力人口と 賃金の関係を分析し,その変化の特徴を … 0000069962 00000 n xÚb```f``ÛÉÀÆÀ hΠ̀ Âì@ÈÂÀñ¥I$€A€¡íۃ…3$Î7_H¹Âx쀥GcA‚æ âœ¿Å^w Ê®F0˜¸¸t.8cò)øĚp¨GaŠIg°zÀÒ ­Ýáú»Õõ£LsîÎn×'kSû‰Eï¢r¿’J³+€ÃÂæ>!›ÆȀ'óì¹Ôò…T}æYµjM=ÒutòôOì,J]›¸dé“sÚ¬vy©^©ç!Ÿ¹³€*÷$. 0000278953 00000 n 我が国の総人口は、2050年には9,515万人となり、約3,300万人(約25.5%)減少。 高齢人口が約. 1,200. <<59BFE4C6E2FBF44A949053F8BD9FE2E4>]>> 万人増加するのに対し、生産年齢人口は約3,500万人、若年人口は約 900万人減少。その結果、高齢化率は約20%から約40%に上昇。 2030 年までの労働力人口・労働投入量の予測 ~ 人数×時間で見た労働投入量は 2023 年から減少加速 ~ 調査部 研究員 土志田るり子 15 歳以上人口がピークアウトしたにもかかわらず、わが国の労働力人口は 5 年連続で増加し て いる。 0000009865 00000 n 0000016014 00000 n 0000002651 00000 n 74 平成25年版 労働経済の分析 第2章 日本経済と就業構造の変化 長要因を明らかにすることを「成長会計」という。 第2-(1)-2図により、1970年代以降の約10年ごとの実質成長率を成長会計によってみ … 世界人口の増加は、地球資源にさらなる負担を強いることが予測される。 AP Photo/Patrick Reevell アメリカ政府は2012年、「グローバル・トレンド2030:未来の姿」と題した報告書を公表した。 80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。 生産年齢人口の割合低下が社会保障制度に圧力. 0000006916 00000 n アメリカのワシントン大学の研究者らが、2100年の世界の人口と各国の経済力を予測した研究報告が、イギリスの医学誌「ランセット」に掲載されました。研究チームは、世界の総人口が2064年におよそ97億人でピークを迎えたのち、2100年にはおよそ88億人に減少すると予測。国連による現行 191 0 obj <>stream startxref 平均寿命は毎年6ヶ月ずつ伸びている 3. %PDF-1.4 %âãÏÓ 0000070180 00000 n 0000005197 00000 n 0000016248 00000 n アメリカ合衆国の2021年に分かる最新の高学歴労働力人口(労働力人口に占める割合)は「73%」で、世界で60番目に高いです。アメリカ合衆国の高学歴労働力人口(労働力人口に占める割合)推移グラフや他国との比較表など各種データは無料でcsv出力・ダウンロードが可能です。 ナショナルポストによると、2020年までにアメリカの労働者の50%がフリーランスになるという見通しが発表され、 同じ北米・カナダでもファイナンシャル・ポストから、2020年までに労働人口の45%がフリーランスになるとの予測が出ました。 0000283227 00000 n 0 0000003166 00000 n 日本が今現在抱えている最も大きな問題の一つは人口減少です。 次の図をみてください。 これは平成29年に国立社会保障・人口問題研究所が発表した日本の総人口の予想推移です。 出生は中位で、死亡数が低位・中位・高位になったときの3パターングラフが用意されています。 噛み砕くと出生数は予想通りだと仮定し、死亡者数が予想より低い時、予想通りの時、予想より多い時、の3パターン用意されています。 2018年現在で …