まずはピアノ・ソナタ。 後期3大ソナタと呼ばれるd958~960が有名で、多くのピアニストが録音してる。 また「幻想」の副題で知られるd894やよく教材に使われるd845もお薦め。 教材と言えば即興曲集 … ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 d.959. 『ピアノソナタ第21番変ロ長調』d960は、フランツ・シューベルトの最晩年である1828年9月に作曲されたシューベルト生涯最後のピアノソナタ。 4楽章から成る。 晩年のシューベルトは原因不明の病に苦 … シューベルト : ピアノ・ソナタ第21番が室内楽・器楽曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持... TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S... 広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。, 旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。, 都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。, 信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。. シューベルト『ピアノソナタ第21番』 シューベルト晩年のピアノソナタ3部作の最後を締めくくる作品です。そして、 彼の生涯最後のピアノソナタ になりました。4楽章まであるピアノソナタとなっており、演奏時間も35分を超える大曲です。 シューベルト ピアノソナタ 第7番 変ホ長調 D568 / Op.122 第1楽章 アレグロ・モデラート SCHUBERT Piano Sonata No.7 in E flat major D568 / Op.122 1st movement Allegro moderato シューベルトのピアノソナタ 第7番 変ホ長調 第1楽章です。 全4楽章のソナタです。 シューベルトが晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 シューベルト生涯最後のピアノソナタ。鉄腕アトムの主題歌も登場? 交響曲 未完成交響曲 第3楽章のスケッチまで残された未完の交響曲 交響曲「ザ・グレート(グレイト)」 シューベルト「ピアノソナタ 第17番」二長調 d850 —ソフトな混沌の今日性— 「意味がなければスイングはない」(文春文庫)には、音楽に関しての評論に近いようなエッセイが複数載っています。 その中に、シューベルトについてのエッセイがあります。 楽曲解説 - 12の歌 第12番 アヴェ・マリア (ピアノ独奏編曲版) シューベルト歌曲の編曲。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より. またピアノソナタもけっこ作曲しているのです。なかなか演奏機会に触れないとは思いますが。 日本だとピアノソナタと言えばベートーベンを教則本に採用する事が多いのですが、シューベルトのピアノソナタも世界的には有名です。 Born in Vevey in 1976, Antonin Scherrer is a writer and music critic. シューベルトの「楽興の時」は6曲から構成されているピアノ小品集。なかでも第3曲はこの曲集で最も有名です。 日本ではシューベルトのピアノ作品の中でも最も有名な曲の一つ。わずか54小節という小さな曲ですが、愛らしく親しみやす … 続きを読む → とにかく、シューベルトは人前に出してもよいと考えた「ピアノソナタ」を6曲作曲しています。 出版された3曲 ソナタ第一番イ短調D854、Op.42(1825) フランツ・シューベルトの誕生日を祝い、Tomplayは、ピアノのために書かれた彼の最も美しい10の作品(オリジナル、またはあらゆるレベルのピアニストのためにTomplayが編曲したもの)をご提案いたします, 31年間で、1000以上の作品を作曲:フランツ・シューベルトは、クラシック音楽界の真のスターです。1,000以上の作品のうち、600以上が、ドイツ・ロマン派で好まれたジャンルでもあるリート(歌曲)です。詩で溢れていた19世紀初頭、沢山のリートが作曲され、1日あたり10曲以上が生み出された計算になります。, 皆さまに、ソロでまたはオーケストラ伴奏に合わせて演奏をお勧めする”セレナーデ”は、歌曲集「白鳥の歌」の一曲です。, この14の歌曲集は、彼の死後、出版商のトビアス・ハスリンガーによって編集・出版されました。彼はその素晴らしいメロディーの花束を世に出したものの、その形は1828年に梅毒で亡くなったウィーンの天才芸術の意図とは違った形となりました。セレナーデは、 ルートヴィヒ・レルシュタープの詩によるものです。恋人に対する切々たる思いを綴るその詩。 「あなたも心をもっと開いてほしい/愛するひとよ ぼくに耳を傾けて!/身のふるえる思いで待っているのだから!さあおいで そしてぼくを幸せにして!」, シューベルトにとって最後の年となる1828年に書かれたこの4手ピアノのための幻想曲は、彼の止むことのないインスピレーションによって完成された楽曲です。この曲は、シューベルトの弟子であったカロリーネ・エステルハージに献呈されていますが、彼は、彼女に叶わぬ恋心を頂いていたのです。その恋心の波が、この曲の輪郭を作りあげているかのようです。 ”私の作品のすべてが彼女に捧げられているのではないか?”シューベルトは思い詰めますが、彼の社会的地位が、この恋の成就を妨げることとなります。そして、彼は作曲し続けました。最終的に、この曲は4つのパートによって構成されることとなり、第1パートはモーツァルト「フィガロの結婚」の”バルバリーナ”のカヴァティーナを、第2パートはバッハとヘンデルを、第3パートはウィーンの魅力を連想させます。, 詩の即興と同じ精神で、準備なく作曲される即興曲は、作曲家が即興の一種を信じて書く自由形式の作品です。シューベルトは、1827年から1828年の間、短いながら素晴らしい生涯の終わりに向かって4つの曲からなる即興曲集を2つ作曲します。その作品の珍しいほどの自発性の中に、あらゆる感情が表現されています。1つ目の即興曲集の第3番変ト長調をここで演奏してみましょう。弾き手の指の中で、滝のような流れが湧き出ているように思いませんか?, この作品もまた、シューベルトの最期の時期に創作された傑作です。6つの楽興の時 D.780 は、1827年に完成されました。そのタイトル通り、この作品は短い6つの楽曲が一まとまりになった作品です。音楽学者のハリー・ハルプライヒが述べているように、その作品は「ただ通過」します。”ロシア風歌曲”として知られる第3番 へ短調は、1823年に作曲され、は最も知られる曲です, 演奏中、シューベルトのこちらの台詞を瞑想してみましょう。”あなたは楽しい音楽というのを知っていますか?私は知りません。”, 1827年秋、シューベルトは30歳。シューベルトは最もよく知られる連作歌曲集「冬の旅」を書き終えているところでした。その後、何も以前のようにはならなくなります。重要な時期となるこの秋から1828年9月までの間に書かれた、彼の最後の3つのピアノ・ソナタ(D. Curator of the Musée Paderewski in Morges since 2016, producer of musical programmes on RTS-Espace 2 and teacher at the Haute Ecole de Musique in Lausanne, he has written around twenty works on music, among which are monographs dedicated to Victor Desarzens, founder of the Lausanne Chamber Orchestra (L’Aire, 2008), to the composers Raffaele d’Alessandro (Papillon, 2009), Jean Perrin (Infolio, 2013) and Samuel Ducommun (Infolio, 2014), to the Lausanne Vocal Ensemble, to the Lausanne Conservatoire (Infolio, 2011), to the Montreux-Vevey-Riviera Conservatoire (2015), to the Lausanne Chamber Orchestra (2017), the pianist Paul Badura-Skoda (Bibliothèque des Arts, 2014) and to the violinists Pierre Amoyal (Bibliothèque des Arts, 2014), Emile de Ribaupierre (Infolio, 2015) and André de Ribaupierre (Infolio, 2017). ピアノ・ソナタ第21番、4つの即興曲Op.90、他 カティア・ブニアティシヴィリ - シューベルト(1797-1828)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 第1楽章 モルト・モデラート シューベルトのピアノ曲の中で最も評価が高く、聴く機会が多いのは「即興曲」だと思います。 シューベルトは後期古典派とロマン派の先駆けという2つの時代にまたがって活躍した作曲家です。「即興曲」は「楽興の時」と同じくロマン派の・・・ シューベルトのピアノ・ソナタ第20番(原曲版)を演奏する:第1楽章:アレグロ、第2楽章:アンダンティーノ、第3楽章:スケルツォ、第4楽章:ロンド; 1827年秋、シューベルトは30歳。 ピアノ・ソナタ第21番は1828年9月26日という日付を持ったシューベルト最後のピアノ・ソナタです。 ベートーヴェン以降書かれたピアノ・ソナタの中で、最も深く内省的で洗練され、詩情あふれており、ピアノ・ソナタの傑作と言えるのではないかと思います。 作曲家解説 - シューベルト,フランツ=リスト,フランツ. Copyright © JUKKI Co., Ltd. All rights reserved. フランツ・シューベルトはオーストリアの作曲家であり特にドイツ歌曲においては功績が大きく「歌曲の王」と呼ばれることもあります。そんな彼の生涯と特に有名な曲や魅力的な曲をご紹介いたします。, 数々の名曲を作り出したフランツ・シューベルトですが彼は一体どんな生涯を送ったのでしょうか。また、彼のどのような経験が音楽に反映されたのでしょうか。, ウィーン郊外のリヒテンタールで生まれ、教師の父親と結婚前にコックをしていた母親に育てられました。シューベルトは5歳のときに父から普通教育を受け始め、6歳のときにリヒテンタールの学校に入学しました。やがて彼は7歳になった頃父親が指導しきれないほどの才能を発揮し始めたため、聖歌隊に預けられました。かの有名な『魔王』を作曲する10年前です。, 彼は奨学金を得てコンヴィクトという音楽学校に入学しました。彼はここに17歳までいましたが、講師からの直接指導で得るものよりも、むしろ学生オーケストラの練習や同僚の寄宿生との交際から得るものの方が多かったそうです。それも、この学校に入学する以前からシューベルトにはそのような傾向が強かったそうです。彼は当時貧しく、しかし助けてくれる友達はいたため五線紙すら買えなかった彼に買い与えてあげていました。, 変声期を経て声が一定の音域の声が出せなくなってしまったためコンヴィクトを去りました。そのあとは兵役を避けるために教師として父の学校に就任。しかしこの仕事にやりがいを感じられず、別の興味で補っていました。1814年の冬に出会った詩人ヨハン・マイヤホーファーとは温かな関係を築きその後も続く深い関係となりました。タイプの正反対な友人との出会いは彼の人生にとって非常に有意義なことでした。そんなとき転機が訪れます。たまたま彼の演奏を聴いていたフランツ・ショーバーは教師を辞めて芸術家を純粋に目指さないかと提案し、状況的にも好都合であったためその提案に乗ります。彼は教師を辞め、公演で稼ぐこともできず貧乏でした。しかし友人たちは本当に優しく、宿や食事など、必要とするもの全てを経済的に支援しました。, その後徐々に彼の音楽が評価され、以前のような貧乏生活からは抜け出すことができましたが、彼の人生は短かったのです。彼は死期が近づくとそれを察していたのか今までにも増して暗く重い曲を書くようになり、体調不良と精神的な憂鬱さを併せ持った日々を過ごしていました。やがて彼はウィーンで短い音楽家人生の幕を閉じました。32年間の人生で作った曲は数え切れないほどです。1827年に亡くなり、その直後には彼の晩年に作った曲の初回公演が行われました。彼は亡くなってからも評価され続けています。, これは音楽の授業でも扱われる歌曲の大曲です。シューベルトはこの曲をわずか18歳の時に作曲していて、それも推測では4時間ほどで作ったそうです。彼らしいト短調で風が忍び寄る危機感や不安感をよく表しています。18歳でこの曲を作曲するとは才能に溢れた少年です。単独の歌手で3役を演じ分けなければいけないところが能力やセンスの見せ所です。, 極めて人気の高いこの曲。かつてJR東日本常盤線のいわき1・2番線で発車メロディに使用されたことがあります。また、九州朝日放送テレビのオープニングでも使用されました。元々は歌曲であり、歌曲の『鱒』の旋律をベースにピアノ・室内楽曲として変奏曲としてリニューアルしたためこのような副題がつきました。全体を通して長調で明るく聴きやすい曲です。, 1822年に作曲した未完の交響曲です。シューベルトはわずか25歳でグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与され、その返礼として交響曲を作曲することになり、これはその時に作った曲です。しかし第一楽章、第二楽章のみを送付し残りは送付しませんでした。ベートーヴェンの『運命』などと並んで人気の曲です。, この曲は少し形式が変わった曲で、幻想曲でありながら4楽章からなりますが全て切れ目なく演奏されます。速度表記や調が一楽章ごとに明確に区切られていることからソナタ風の幻想曲にしたいという意思を持って作曲されたと考えられています。タイトルの「さすらい人」から連想されるように感傷的な部分が多く一楽章ごとに曲調は変化するもののその雰囲気は心情を表すようにグラデーションになっています。, ロマンチックで美しい曲です。『清らかな夜よ、月光が空間を通り抜けるように夢もまた人々の穏やかな心を抜ける』と言った意味の歌詞があり曲調も本当に品があって心地よいので落ち着いた気持ちにさせてくれます。過ぎ去った美しい夜と夢に対する憧憬を歌った曲です。, 「修業の旅に出た粉職人の若者が美しい水車小屋の娘に恋をします。そこへ狩人が現れて彼女を奪い、悲壮に暮れる若者は小川に語りかけて永遠の眠りにつく」という一貫した物語を持つ20曲の曲集です。一般的に「冬の旅」「白鳥の歌」と並んで「シューベルト3大歌曲集」と呼ばれます。, この曲は一曲を演奏するのに約1時間かかる室内楽曲です。クラリネット奏者であるフェルディナント・トロイヤー伯爵の委嘱に応じて手がつけられました。柔らかで美しく、のどかな景色を連想させるこの曲ですが、このような雰囲気はシューベルトには珍しく調和のとれていて柔らかな意外な一面を垣間見ることができます。, 題名の「アルペジョーネ」とは古楽器のことで、この曲はアルペジョーネとピアノのための曲として作曲されました。しかし今日使われることはないため、代わりにヴィオラやバイオリンで演奏されています。今日使われなくなっただけでなく、この曲ができた時代からあまりメジャーな楽器ではありませんでした。実はシューベルトは、この楽器が誕生したばかりの頃、友人からこの楽器の曲を作ってくれと頼まれて作ったのがこの曲だそうです。, 1824年。これはシューベルトが体の健康の衰えを実感している時期です。この曲の第二楽章は自身作曲の『死と乙女』を引用しているので、14番自体もよく『死と乙女』とも呼ばれます。最初の小節から重く暗く、死を意識しているであろう曲調となっています。また、すべての楽章が短調で書かれていることも特徴です。ここから彼の絶望が伺えます。, 大人気の連続テレビドラマ「のだめカンタービレ」でも使われたこの曲。神聖ローマ皇帝レオポルト2世の末子ルドルフ・ヨハネス・フォン・エスターライヒに献呈されました。, これはシューベルト最晩年の曲の一つです。宗教音楽ではありませんが歌詞になんども「アヴェ・マリア」が登場します。しばしば「シューベルトのアヴェ・マリア」と呼ばれる曲です。, 連作歌曲集です。冬らしい切なくしんしんとした雰囲気漂うこの曲集は是非冬の夜などに聴きたい曲です。この曲集には物語があり、失恋した若者がさすらいの旅に出るというものです。これが完成する4年前の1823年からシューベルトは病で入院しており、「死」について考えていたため、失恋した若者の孤独を描いたのも病が関係あると考えられます。, 1番から6番まであり、3番目の曲が最も知られている曲でよく BGMやCMなどにも使われます。一曲ずつが大変短く、たとえ長くても10分が最長です。そのためまとまりがよく変化が多いのも聴いていて飽きない要素であると感じます。, シューベルトが亡くなった年に書かれました。曲の序盤から悲壮感漂うメロディーが流れてきてピアノの響きの美しさがその孤独感や悲しみの美しさを引き立てている曲です。この曲の初演は1828年5月に友人が行なっています。, この白鳥の歌は、フランツ・シューベルトによる遺作集です。そのため1828年8月には完成していたのですが1828年11月にシューベルトが亡くなり、1829年に遺作として出版されました。恋人に対する思いをマンドリンを模した旋律の上で歌い上げる曲です。, シューベルトのわずか10年強の作曲人生の中で描かれたのはほとんどが短調の暗い曲ばかりです。しかし彼の18歳の頃から「魔王」に現れる才能により今でも多くの人々に愛され、演奏されたり聞かれ続けている曲がたくさんあります。彼の短調に自分と重なる部分を見つけ味わっていただけたなら幸いです。, 【ハムストリングスのストレッチ】太もも裏を効果的に柔軟にする最強ストレッチ方法・メニュー. 958〜960)には、その孤独な「放浪者」が過ごした冬の時期が反映されています。その影の中に、シューベルトらしさを見ることができるのはとても魅力的です。亡くなる数週間前に作曲されたソナタ第20番 イ長調は、他のソナタに比べてコントラストに富んでおり、重心となる嬰へ短調の第2楽章の中間部でカオスに近い激しさを放出した後、脆いレチタティーヴォでその終わりを迎えるように、聴き手に様々な人間の感情を感じさせます。第3楽章、第4楽章で、再び光が解き放たれるのを待たなければなりません。, シューベルトのピアノ三重奏曲 第2番(原曲版)を、プロが演奏する三重奏の伴奏音源に合わせて演奏する:第1楽章:アレグロ、第2楽章:アンダンテ・コン・モート、第3楽章:スケルツァンド、第4楽章:アレグロ, 1828年3月26日、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートが開催されるムジークフェライン大ホールの後援のもと、シューベルトと彼の友人たちは、彼の生涯で最初で最後となる、彼の作品のための公式コンサートを開催しました。シューベルトがウィーンで誤認知されていたということでは特になく、彼は歌曲または合唱作品の作曲家として、人々に認知されていたのです。プログラムには、ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 D.929以下が含まれていました。1827年11日の日付で出版されたその作品は、彼の存命中に出版された数少ない楽曲の1つです。第2楽章は、 ”冬の旅”の最初の曲を想起させるような重い雰囲気を持ち合わせており、それは、Isaac Bergのスウェーデンの旋律(“The sun has set…”)からインスピレーションを得たものです。 20世紀には、スタンリー・キューブリックの映画「バリー・リンドン」により、この作品は世界的に有名になりました。, あまりにもよく知られているシューベルトのアヴェ・マリア。1825年に作曲されて以来、数え切れないほどアレンジされてきているこの曲は、スコットランドの詩人ウォルター・スコットが書いた叙事詩「湖上の美人」に曲付けされたもので、宗教曲ではないのです。「湖上の美人」に登場するヒロイン、エレン・ダグラス(”古城の貴婦人”)は、王から追われる身となり、聖母マリアに助けを求めて祈りの言葉を口ずさみます。その歌が、シューベルトのアヴェ・マリアとして知られる「エレンの歌 第3番」です。なお、「湖上の美人」は、ロッシーニによりオペラ化されています。, 「私たちが17歳のとき、本気ではありません」とアルチュール・ランボーは述べました。確かではないですが…それは、時々壊滅的な結果を伴う、心の痛みがわかる年かもしれません。シューベルトの場合、テレーゼ・グロープという若い歌手と恋に落ち、ゲーテの詩「糸を紡ぐグレートヒェン」を音楽作品にしました。その作品は、以下の内容の原詩より悲しみを帯びたものとなっています。”グレートヒェンを誘惑したファウストによって無視された彼女は、キスすることを欠いただけではなく、彼女は永遠に過去の無邪気さを失ったことを知ったのです。”, 3つの軍隊行進曲は、ハンガリーのジェリズにあるエステルハージ伯爵家で作曲されました。シューベルトはそこで伯爵の娘たちにピアノを教えており、この連弾曲を作曲したのも、教育目的だったのです。ファンファーレ風の音形で始まる3曲とも、3部形式で書かれており、第1番ニ長調は特によく知られています。管弦楽編曲版や吹奏楽編曲版でもよく演奏されていますね!, これは、先見の明のある作品です。人生は明るく、波がありながら、死と向き合うという圧倒的な「信仰の行為」。シューベルトの弦楽四重奏曲 第14番 二短調の第2楽章は、1817年に彼が作曲した歌曲「死と乙女」を引用していることから、その楽章も「死と乙女」と呼ばれています。 歌曲の死は、マティアス・クラウディス によるもの。彼はこの曲を作曲した時ちょうど20歳で、人生についてのすべてをすでに理解していたようです。ここでは、その第2楽章の冒頭部分の簡易なピアノ版をご提案いたします。原曲の弦楽四重奏曲の4つのパート(バイオリン2、ビオラ、チェロ)を、あなたがまとめてピアノで演奏することになります。. フランツ・シューベルトはオーストリアの作曲家であり特にドイツ歌曲においては功績が大きく「歌曲の王」と呼ばれることもあります。そんな彼の生涯と特に有名な曲や魅力的な曲をご紹介 … シューベルトの主要ピアノ作品とその難易度とは シューベルトのピアノ作品(ソロ)で主要なものは「即興曲」、「楽興の時」、「幻想曲さすらいの人」、「ピアノソナタ」です。 この他にも多くの作品がありますが、あまり弾かれる機会はないと思います。 1819年の夏、シューベルトが21歳の時の作品です。シューベルトのイ長調のピアノ・ソナタだと、後期の大作、第20番が有名ですが、あちらを「イ長調大ソナタ」、こちらを「イ長調小ソナタ」とも呼ぶそうです。 曲は3楽章構成です。 数あるクラシックピアノの曲がある中、今回は有名なクラシック音楽の作曲家の手から生まれた、おすすめの名曲をご紹介します!誰もがどこかで聴いたことがあるような曲が多いので、ぜひとも聴いてみてください。 ベートーヴェンのピアノ ソナタ演奏について大変勝手なこと を言ってきましたが、他に歴史的名演に数えられるところでは、吉田秀和氏 が褒めた1902年生まれのイギリスのピアニスト、カッ トナー・ソロモンも聞いてみました。 この曲は作曲者晩年のピアノソナタ3部作(ハ短調、イ長調、本作)の最後を締めくくり、また、作曲者の生涯最後のピアノソナタである。 曲の構成. 「月光」という副題がついているピアノソナタですが、元々の曲名は「幻想曲風ソナタ」。第一楽章から順々にテンポが上がっていく構成になっています。全3楽章。 6.シューベルト「Sonata in A minor, D 845.」 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 d 960 は、フランツ・シューベルトが1828年9月に作曲したピアノソナタ。. ピアノ五重奏曲 イ長調作品114 ,d.667「ます」 1819年、シューベルトが22歳、まだ若々しく希望と幸福にあふれていた時期の名作として知られる。シューベルトの唯一のピアノ五重奏曲です。 ピアノ・ソナタ 第20番 D 959 イ長調/Sonate für Klavier Nr.20 A-Dur D 959 - シューベルト - シューベルトのピアノ・ソナタの中でも1,2を争う人気の作品。死のわずか2ヶ月前、シューベルトが体調をくずしながらも一気に書き上げた3つのピアノ・ソナタの2作目にあたる。 楽天市場:ピアノ楽譜専門店 crescendoの洋書 > 作曲家 > 著名な作曲家 その2 > シューベルト一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト 《ピアノ・ソナタ第21番》は35年以上弾き続けている大切なレパートリーです。すべてのピアニストにとって、このソナタは大きな謎です。シューベルトはこの作品を書いたすぐ後に、わずか31歳の若さで亡くなりました。この作品のテーマは“死”です。