フランスにおける「イスラーム問題」と政教分離原則ライシテ 佐藤 香寿実 Ⅰ はじめに 第二次世界大戦以降, フランスは旧植民地国を中心と して大量のムスリム移民を受け入れてきた.第二・第三 世代へとイスラームが受け継がれ,世俗主義社会にムス この法律が生まれたきっかけは、2009年6月に当時の大統領サルコジが宗教上の理由によるヴェールはフランスに歓迎されないと述べたことにある。サルコジは、法律の目的は女性が顔を隠すよう強要されることから守り、フランスの政教分離を擁護するためだと述べた。世論調査では80%が法律による禁止に賛成した。 イスラームの知識人たちは、ヴェールで顔を隠すことはイスラームの教えではなく、コーランにも書かれていないが、ムスリム文化の伝統であると述べた。アメリカに住む著名なイスラ… 第10 章 フランスにおける宗教的多元主義と過激化 ──エスニックブラインドな共和国モデルから治安の多 文化主義へ 浪岡 新太郎 問題のありか フランスにおいてムスリムはどのようにして市民になれるのだろうか。フランスのシティ フランスの移民政策の現状と課題 ~海外調査報告~ 法務委員会調査室 平出 重保 ひらいで しげやす 1 はじめに―問題の所在(調査目的及びその背景)― 我が国では、受入れの当否を含め明確な移民政策は確 … 条項の新設によって、フランスの公立学校においてはス カーフ等の宗教的標章の着用が禁止され、今日に至って いる。 1.2-問題の所在 上記の2004年法に対しては、宗教的マイノリティの 宗教的自由を抑圧するものとして憲法学や国際人権法上 application/pdf 日本だけでなく世界中で同時多発的に起きる「宗教」なき世界。今回は、フランスのカトリック教会にフォーカスを当てます。空っぽの教会と日本をしのぐペースで宗教離れする、現実。「ポスト資本主義社会」の宗教の行方を明示する長期連載、3回目です。 昨年フランスでは、イスラム女学生の( イ )着用問題に端を発した、公教育現場での宗教的記章の着用を規制する法律が、圧倒的多数の議員の賛成により成立した。 Acrobat Distiller 10.1.16 (Windows) フランスの宗教状況を見ていきましょう。カトリック教徒が比較的多いものの、その割合は過去数十年の間に縮小し、現在は無宗教割合が増えているなど世俗化が非常に進んでいます。フランスが持つ歴史は「現代世界史の幹」とも表現されるなど、近現代のヨーロッ ところが、フランスでは、近年、公立学 校で「宗教」を教えるようになりつつある。それはいかなる教育であろ うか。その教育をどのようにして行おうとするのか。こうした点に迫る ことは、わが国の状況に照らして興味深いばかりか、その今日の問題を フランスを代表するライシテ研究の第一人者による、フランス革命から二〇世紀初頭までのライシテが確立していく歴史を概説した一冊。現在のライシテが直面する変化についても若干の言及が加えられている。『国教を立てることを禁じ、いっさいの既成宗教から独 この、普遍的市民権と宗教共存のライシテ原理は、従来、革命の伝統を受け継ぐ 左の共和主義の主張だった。それがいまや右寄りの閉鎖的ネーション観を正当化 する道具に使われている。というのが三浦氏の、現在のフランス社会への指摘で ある。 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊, 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊. 海外の宗教事情に関する調査報告書 (平成20年3月発行)(1.35mb) 調査対象国 イギリス,ドイツ,フランス,イタリア,アメリカ 資料編1 イギリス宗教関係法令集 (平成22年3月発行)(2.17mb) 日本は「政治は宗教に口を出さない」フランス は ... 果たしてそれは本当だろうか。在日朝鮮・韓国人の差別問題をみればわかるようにそんなに多様性を受け入れているようには見えない。同じ日本人の中でも他の人と違ったような人がいればその人は差別されたり嫌われたりすることが多い。 ところが、現在のフランスでは非宗教性が守られない事態がおきて問題となっている。それは、国内に多くのムスリム人口を抱え、公私の区別なく信仰を示す彼らが、公共の場でもそれを通そうとしたときに非宗教的な価値と衝突してしまうことが主たる原因である。 なぜフランスにムスリム� フランスの移民政策の現状と課題 ~海外調査報告~ 法務委員会調査室 平出 重保 ひらいで しげやす 1 はじめに―問題の所在(調査目的及びその背景)― 我が国では、受入れの当否を含め明確な移民政策は確 … 仏風刺週刊誌「シャルリーエブド」のテロ事件には、欧州のイスラム化問題が背景にある。現在、欧州には5,200万人の欧州に定住し、世俗化したイスラム教徒がいる。そうして、最大のイスラム系コミュニティー(650万人)がフランスにある。その人数は、フランスの総人口の10%以上を占め … ところがそのことが十分に自覚されないまま、宗教に関連した問題に対し、無前提に政教分離という概念を当てはめる言説がわが国では少なくない。たとえば、靖国神社公式参拝をめぐる問題と、公明党と創価学会の関係をめぐる問題が、政教分離の名のもとに一からげに論じられており、その まず現代のフランスにおける宗教の現状ついてざっと紹介します。 今日フランス人の多数の宗教が、カトリック教であることには変わりません。フランス人全体の64パーセントの人が、自分がカトリック教徒であると考えています。しかし毎日曜日に教会へ行ってミサに参加するような敬虔な信者は5パーセントにすぎません。 フランス人全体の6パーセントがイスラム教徒であると答えていますが、モスクで祈りを捧げる敬虔 … 移民の子どもの教育の問題 定住化した外国人にとって、子どもの教育の問題は重要である。とくに、外国人の子どもや、フランス国籍を取得した移民にとって大きな課題はフランス語の習得であり、それがしばしば彼らの学業不振の原因となった。 endstream endobj 3 0 obj <> endobj 5 0 obj <> endobj 6 0 obj <> endobj 16 0 obj <> endobj 17 0 obj <> endobj 18 0 obj <> endobj 19 0 obj <> endobj 20 0 obj <> endobj 29 0 obj <>stream 2018-05-23T13:43:10+09:00 フランスは国際法、中でも関連する国連諸決議の順守を呼びかけます。例えば、フランスは2国家解決(国連総会決議第181号)、難民問題の公正な解決(国連総会決議第194号)、イスラエルによる占領の終結(国連安全保障理事会決議第242号)、エルサレムの地位の保持(国連安保理決議第476号と第4… h�|�M��0���:��(��5rXZ�ַ�˲z�ߑ��P��D�4�-���>�����1���M_�W=yd��A�2|�-�K����#���;ڂ�g�g�q�L?Z_�aq�9�XkŶ��W��W 昨年フランスでは、イスラム女学生の( イ )着用問題に端を発した、公教育現場での宗教的記章の着用を規制する法律が、圧倒的多数の議員の賛成により成立した。しかし、社会的論争はその後も続いてい … 海外の宗教事情に関する調査報告書 (平成20年3月発行)(1.35mb) 調査対象国 イギリス,ドイツ,フランス,イタリア,アメリカ 資料編1 イギリス宗教関係法令集 (平成22年3月発行)(2.17mb) 宗教の異なる移民をフランス社会に統合するための政策として、フランスが適用してきたのが「ライシテ(laïcité)」だ。 1905 フランスの実情から、移民・難民問題を学ぼう 2017.08.28 学生の皆さんは、世界中で増え続ける移民・難民の問題について、どれだけ知っていますか? %PDF-1.6 %���� 1 0 obj <> endobj 2 0 obj <>stream フランスの宗教事情を探るにあたって フランスにおける宗教事情といえば、何を思い浮かべるであろうか。まず近年の「ライシテ」という言葉に代表されるように、公の場で宗教色を出すことについての議論が浮かぶかもしれない。「ライシテ」とは政教分離における法的な基礎を意味し、フ� フランスはかつて歴史的に重要であった宗教はキリスト教であったことから今でもキリスト教徒が6割以上でその中でもカトリック教徒がほとんどを占めています。 復活祭、クリスマス等、キリスト教のイベントの日の前後には学校や、職場もバカンス、休日となります。フランスじゅうに、教会があり、素晴らしいステンドグラスなどを見ることができます。 かつて自分はどこの教会に属しているかという記帳がされたものがありキリスト教会が、市役所の住民登録のような役割を長年務めてきたため、教 … 人、2048年には人口の過半数がイスラム教徒で、フランスはイスラム国になるとも言われている。, 2010年にリビヤの指導者カダフィは、「ヨーロッパには5,000万人のイスラム教徒がいる。神は、刀や銃を使わずイスラム教徒にヨーロッパでの勝利を与えてくれる。それは5,000万人のイスラム教徒が数十年以内に、ヨーロッパをイスラム国にするからである。」と予言した。それは、根拠のない予言ではなかったことがよく分かる。5,000万人のイスラム教徒の移民は、カダフィにとって、ヨーロッパに送り込んだトロイの木馬のようなものに見えたのかもしれない。, 急増するイスラム教徒に対して、多くのヨーロッパ人の間で、イスラム教への憎悪(イスラム・フォビア)が広がっている。ヨーロッパで広がりを見せている反イスラムデモや時期フランス大統領とも言われている、イスラム移民政策に反対姿勢を示している国民戦線党のマリー・ル・ペンへの圧倒的支持が、フランスのイスラム化への国民の危機感を反映している。, 去年、イスラム国に関しての興味深い世論調査が行われた。ICM フランスではフランス革命以来の伝統で政教分離(ライシテ)には徹底しており、2004年には公教育の場でムスリムの女子学生のスカーフをはじめとしてユダヤ教のキッパ、十字架など宗教的シンボルを禁止する法案が成立し、フランス内外のムスリムやユダヤ教徒から反発されている。 「宗教は何?」「何を信仰してる?」 フランスでは、いとも簡単に、こうした質問が飛び交う。 フランス人は議論好きだから、一議論を巻き起こす宗教の話題は好きだし、僕に対しては、僕が日本人であるから、日本人の宗教を聞いてみたい という興味もあるのであろう。 Adobe InDesign CS6 (Windows) フランスを代表するライシテ研究の第一人者による、フランス革命から二〇世紀初頭までのライシテが確立していく歴史を概説した一冊。現在のライシテが直面する変化についても若干の言及が加えられている。『国教を立てることを禁じ、いっさいの既成宗教から独 仏風刺週刊誌「シャルリーエブド」のテロ事件には、欧州のイスラム化問題が背景にある。現在、欧州には5,200万人の欧州に定住し、世俗化したイスラム教徒がいる。そうして、最大のイスラム系コミュニティー(650万人)がフランスにある。その人数は、フランスの総人口の10%以上を占めるのである。, ヨーロッパ諸国は減少する人口問題、つまり低下する生出率の対策として移民を受け入れる移民政策を2005年から積極にすすめてきた。フランスは特に、元植民地であった国や多くのイスラム国からの移民を受け入れた。その結果、2005年に1.9人であった生出率は2010年には2.02人, 2014年には 2.08人まで上がったのである。, 人口統計上、国の人口を維持するには生出率が2.1人必要で、それ以下は人口の消滅を招くとされている。問題は、ヨーロッパ系女性の生出率が1.8人に対してアラブ系女性は3.4人、トルコ系女性は3.7人と高いことにある。スラム教徒の人口が増え続ければ、2027年には、フランスの5 人に1 2018-05-23T13:43:10+09:00 フランスの移民・難民問題は、一度この欄で取り上げたいと思っていたのだが、多様な側面を持つ深刻な問題なので、これまで躊躇していた。最近ILO協議会から、フランスの移民問題というテーマで、小論を書く機会があった(世界の労働20号)。 2018-05-23T13:43:10+09:00 生徒の宗教的自由をめぐる問題状況を分析することも有益であろう(第 2節)。これらの作業を経た後に、フランスにおける宗教教育の動向を探 ることにしよう(第3節)。 第1節 公立学校教育のライシテ 1 … フランスの宗教事情を探るにあたって フランスにおける宗教事情といえば、何を思い浮かべるであろうか。まず近年の「ライシテ」という言葉に代表されるように、公の場で宗教色を出すことについての議論が浮かぶかもしれない。 「宗教は何?」「何を信仰してる?」 フランスでは、いとも簡単に、こうした質問が飛び交う。 フランス人は議論好きだから、一議論を巻き起こす宗教の話題は好きだし、僕に対しては、僕が日本人であるから、日本人の宗教を聞いてみたい という興味もあるのであろう。 このことは、まずフランスにおける移民、宗教(イスラム教)、風刺の問題、そしてテロの問題(いずれも日本人には馴染みが薄い)を、個別に分けて論じることを意味する。 フランスは元来カトリック教の国です。 フランスでは西ローマ帝国が滅んだのち、新たに侵入してきたゲルマン系民族が支配する新国家が誕生しました。そのリーダー、クローヴィスは元来異教徒でしたが、フランスの民衆の宗教であったカトリック教を受け入れました。 uuid:c137d9e9-ae34-45c4-ad4f-157ca3f17ee4 条項の新設によって、フランスの公立学校においてはス カーフ等の宗教的標章の着用が禁止され、今日に至って いる。 1.2-問題の所在 上記の2004年法に対しては、宗教的マイノリティの 宗教的自由を抑圧するものとして憲法学や国際人権法上 :6�!��)�Y����x�sH�*�E�l Ƌ'J5�. 移民の増加による民族・文化の多様化、そして価値観の変化がその導入の背景にある。折しもフランスでは、学校を非宗教的な場とする「ライシテ」という原則に、ムスリム系女性生徒たちが「違反」した「スカーフ問題」が起こった。 Unlimitedの調査結果によると、フランスのイスラム教徒の69%(414万人)がISIS:イスラム国を支持していると答えたのである。支持率の高さは、ISISへの参加者の数の多さにも反映されている。, フランス系イスラム教徒700人以上がISISに参加、イスラム移民の多いヨーロッパ諸国の間では最も多い。そうして、去年1月に話題となったのが、南フランスの15歳のイスラム教青年が家出をして、ISISの戦闘員に志願したことである。このような18歳以下の未成年の参加者も12人以上もいるとされる。, フランスのイスラム教徒の大半が原理主義的イスラム思想を持っているとしたら、今回のようなテロ事件が再び起きる可能性は高い。政治学者のサミュエル・P・ハンティントンの『文明の衝突と世界秩序の再創造』で指摘したように、過激なイスラム原理主義を信奉するイスラム化の現実にどう対応するのかが問われる。, 1. uuid:e5c54d2c-73c1-4610-81db-7bd7194ef329 公的な場に宗教を持ち込まないという政教分離を守ることも、フランス人としてとっても大切な条件なのです。これもやはり過去の歴史が関係しているのだとか。 「フランスは、聖職者や貴族に抑圧されていたフランス国民が、自らの権利と自由を得るために革命を起こし、共和主義の国家を�